あっ私だ…会話が下手くそな人の特徴あるある

会話が上手じゃない、苦手、そんな意識を持っている人っていると思います。そこで、今回は私の持つ知識を使って、会話が下手な人の特徴あるあるをお話してみようかなと思います。

会話が下手な人の特徴【あるある】

何事も否定から入る

会話が良い感じに続かない理由のワーストに入りそうなのがコレです。会話は、基本的にお互いの言葉のキャッチボールと言えるものですが、同時に心のキャッチボールでもありますよね。キャバ嬢をしていると心ない事を発言する機会も増えますが、とにかく会話が苦手だと思う人は、「相手を否定するような発言が多い」のではないでしょうか。

A「新しいバッグ買ったんだ♪」
B「えーでもそのブランドってそろそろ落ち目じゃない?」

みたいに、とかく上からネガティブな言葉をかぶせる人、これNGです。あと、なんでもダメダメって否定するのも会話が続かないし、相手に不快感を持たせやすいので、否定の言葉をよく使う人は気を付けてください。

人の名前を覚えない

これも結構問題ですよね。初対面ならいざ知らず、2回3回と会えば、とりあえず名前だけは覚えておきたいところです。よく、覚えるの苦手なんだ~という人がいますが、きっと相手に興味がないから覚えないだけですよね。興味がないと会話も続きません。

相手の話を聞こうとしない

自分の話しばかりして、相手の話を聞かない場合も会話になりません。話してる相手は会話が盛り上がったと勘違いするパターンが多いみたいですが、これっていつも不思議です。会話はお互いが話をして成り立つものなので、話したくても相手の話もじっくり聞くようにしてくださいね。

質問をしない=聞き専になってしまう

相手の話を聞く時に、相槌ばかりで質問を入れないのも、会話が下手な人にありがちな特徴です。興味がなさすぎて質問をしない場合と、つい聞いてばかりで質問をする気もない場合があります。いずれにしても、聞き上手になれば会話は弾みますので、他愛のない事でも質問を間に挟んであげるように意識してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。