心理学的をフル活用!行動の癖から相手の心理を読み取る!

私は心理学を専攻していましたので、一般的な人よりは心理的なテクニックについても詳しい方だと思います。

相手の反応をみながら、それによって出方を変えていくことを意識すれば、相手が言葉にしなくても、その態度や行動の癖から大体の反応が読み取れます。言葉では簡単に自分を隠すことができるかもしれませんが、必ず癖って身体に出てしまうので、むしろそっちを読んだ方がはやかったりするんですよね。

そこで、今回は行動の癖から相手の心理を読み取るために、色んな例を挙げて簡単にお話をしていきたいと思います。

心理学から見る行動の癖① 髪の毛を触る

指先に髪を巻き付ける

女性でもやってしまう人って多いと思いますが、これをやっているということは、つまらない、あるいは退屈~となっているかもしれません。この癖って、かなり無意識的にやってしまいがちなので、読みとる前に私たちも気をつけないといけないですね笑

髪をかき上げる

髪をかき上げるような仕草をする相手は、自分の魅力をアピってる可能性が高いです。つまり、自分を相手に対してよく見せたいという気持ちが強い傾向のある方が、こういった行動をとります。動物的な感じで言えば、求愛行動ともとれますよね。これをするということは、少なくともこちらに対してまんざらではない、と見てとれるかもしれません。

髪をなでる

髪をなでる癖というのは、心理的には甘えの行動と言われます。他にも、唇を触ってしまったり目線がこちらに対して向いている場合が特にそのパターンと言います。逆に、どことなく不安そうな感じ、落ち着きがない感じと、この癖が一緒に出ている場合は、不安や緊張感を表してます。

② 顔を触る

舌を出す

舌を出す行動は、基本的には相手に気を許している状態を指します。猫で言えば、お腹を出してごろごろしている状態と言ったらいいのでしょうか。下は自分の内側で普段は隠されているものです。言葉にも「舌を出す」というものがありますが、この言葉の通り包み隠さず出していますよと言うサインに繋がっているということですね。

なので、相手が気を許している、心を許していると思っていいでしょう。積極的に仕掛けていっても良い状態と思います。

唇をかむ

唇を噛むと言う行動を相手がとっている場合は、何らかの心理的ストレスがかかっている状態と考えた方がいいです。起こっている、不安がある、動揺を隠しているなど、いずれにしても軽度以上のストレスを相手が感じているという状態です。会話の内容が、自分の接し方などを見直してみるタイミングとして、意識してみてください。

頭をかく

色んな解釈の仕方がありますが、基本的には「困っている」サインと捉えるのがいいですね。会話の途中でこのような仕草が見られた場合は、トークを違う方向に持って行ったり、はぐらかしてあげたりしてください。

耳を触る

耳を触る場合は、無関心な傾向が出ています。もしも話をしていて男性側が耳を触っていたら、それは会話の内容が、自分自身への関心が薄いと思った方がいいかもしれませんね。また、その場合はすかさずに話題をチェンジしてみたり、会話のテンポなどを変えてみてください。

鼻を触る

鼻を触る癖がある場合は、嘘をついている場合が多いと言います。その不安を隠すために、緊張感が出てしまった結果、鼻を触ってしまうのです。相手に対して嘘をついている場合、あるいは自分に対して嘘をついている場合も、このような傾向が出やすいです。

③ 座り方

イスに深く座る

イスに深く座っている男性を目の前にした場合は、心理的な余裕があると思った方がいいです。少なくとも、こちらに対して強い不安感や警戒心などを抱いていないことがわかります。このような方を相手にする場合は、じっくりと話が出来る相手であることがわかっているので、焦らずにこちらも余裕をもったトークを展開していきたい所です。

イスに浅く座る

逆に浅く座っている場合は、何らかの不安や緊張、警戒などの感情が現れていると思っていいでしょう。直ぐにでも立ち上がって移動したいという心理が働いているとも言われます。この場合は、相手の緊張をほぐしてあげられるように、こちらも意識した方がいいですね。また、会話を変えてみるのも良いと思います。

足を組む

足を組んでいる場合は、組み方によって見方も違ってくるのですが、基本的には何かを抱えている場合に出やすいポーズだと思います。緊張感、不安感などを抱えながらも前に出ようとしている、そんな心理が見え隠れし見ます。

たまに、リラックスした時に足を組む人もいますが、基本的には相手の着用している心理的な鎧だと思えばいいかもしれません。気持ちがほぐれるようなトークを意識してみるか、相手の心理的不安感を煽らないようなヨイショトークが功を奏するかもしれません。

ここでご紹介した心理学を使いながら、無理なく会話を続けるテクニックを身につければ話すことに関してはもう何も困ることはないと思います。色々なテクニックまとめているので、ぜひこちらもご覧ください。

SNSでもご購読できます。