どちらかというとデメリットの方が多い!キャバクラのアフターとは?

キャバクラで働いていると、店外でもお客さまとお会いしなければいけない機会が必ずやってきます。同伴が最たるものですが、同伴の場合はまだメリットもたくさんありますので、それほど苦になるようなことはないと思います。お給料にも関わってきますし、仕事だと割り切りやすい部分もありますよね。

では、同伴と一緒に語られることの多いアフターはどうでしょうか。アフターとは営業終了後にお客さんと外で会う事を指します。つまり、仕事が終わった後の時間を使うことになるのです。
そこで、今回はキャバクラにおけるアフターについて、少しご紹介しておきます。

キャバクラのアフターとは?

キャバクラのアフターとは、アフターという言葉が指す通り仕事が終わった後に、お客さんとお店の外で時間を過ごすことを言います。これに関しては、来店されていたお客さんから「今夜、アフターどう?」みたいな感じで約束をすることになると思いますが、断るも断らないももちろん自由です。

特に、あまり見知った相手じゃない場合は極力避けるようにした方がいいでしょう。最近は、デートレイプドラッグや睡眠剤を使用した問題も数多く聞きます。信頼できる相手でなければ、基本的にアフターはNGだと思っておいていいでしょう。

では、アフターに関する様々なことを、ポイント毎に分けてご紹介していきます。

アフターで行く場所

バー

アフターで行く場所の代表と言えば、バーだと思います。深夜の時間帯にどこでお話をするか、となれば一番の選択肢に挙げられるのがコレです。お店の周辺にも沢山あるでしょうし、場所選びにはあまり困らないかもしれません。ただ、アフターでバーに誘ってくる下心のある男性が大半なので、お酒のペースなどには気を付けた方がいいでしょう。また、相手の指定したお店に行く場合も、気を付けた方がいいですね。

ラーメン屋さん

仕事が終わった後の1杯は、飲みの後の〆みたいな雰囲気になるかもしれません。気取らない感じがあるので、お互いにお腹がすいているようでしたら、ラーメン屋さんは良いチョイスになると思います。気さくな感じで話しやすいでしょうし、アフターで行く場合は警戒度をそれほど高めずに済むというメリットもあります。

カラオケ

時間や体力に余裕があれば、カラオケという手もあります。あまり話をせずに済むということもありますし、大抵はその辺にお店があるので、場所選びにも手間取りません。カラオケに行く場合は、基本的にそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、店員がしっかりしていそうな所、あるいは防犯カメラなんかがちゃんとついているようなお店を選ぶとリスクを下げることができます。

アフターの誘いにのるメリット

自分にとってのメリット

基本的に、自分にとってのメリットはあまりありません。時間や体力を使いますが、何かの形で返ってくるものがないからです。ただ、よく通って下さる方のアフターに応じることは、お互いの信頼関係を一歩進める手助けになることもあります。また、逆に断り続けることで信頼関係に傷が入ることもあります。難しいところですが、相手とタイミングをみていくしかないでしょう。

お店にとってのメリット

お店にとってのメリットは特にありません。

アフターの誘いにのるデメリット

自分にとってのデメリット

メリットと比較すると、デメリットが目立つのがアフターの特徴です。時間を使う、体力を使う、帰宅時間が遅くなるので次の日に響く可能性がある、何らかの性的な被害に遭う可能性があるなど、デメリットやリスクが多いのがアフターの特徴です。なので、基本的には何か理由がなければあまり応じなくてもいいでしょう。特に、来店回数の少ないお客さま、細客に対しては、それほど応じる必要はないと思います。

お店にとってのデメリット

お店側は基本的にアフターと関係ないので、これも特にデメリットはありません。

SNSでもご購読できます。