相づちを制すものは会話を制す!会話のさしすせそとは?

相づちって、結構便利ですけれど、皆さんは良い感じに使ってますか?キャバ嬢が初めて、これからという人には少し難しい内容もあるかもしれませんが、相槌は会話を良い感じに繋ぐ上でとても大切です。

料理に使うツナギの材料みたいなもので、ないと困るような大切なものなのです。そこで、今回を上手に盛り上げるためのさしすせそ、と呼ばれるものについて、ちょっとお話をしたいと思います。

聞き上手になるための「さしすせそ」とは?

会話のテクニックにおける「さしすせそ」って聞いたことがありますか?キャバ嬢なら絶対に知っておきたい相槌のことで、相手の心理を上手につくキラーワードのテンプレートとも言えるものです。では、具体的にどんな感じか一緒にみていきましょう!

魔法の言葉相槌の「さしすせそ」

さ:さすが

さすがですね~!って褒められたら、なんだか嬉しくなりますよね。すっごく褒められた気がしますし、私も言われたらテンションが上がります。あんまり多用さえるとイマイチなので、ここぞって言う時に使いたい言葉ですよね。「すごいことでしょ!?」みたいな話をした時に私なら言われたいかなー。

し:実力ですね

実力ですね~って言われたら、私はなんだか努力を認めてもらえたような気がして、なんだかほっこりした気持ちになります。癒されるというか、うれしいですよね。お仕事の話をしている時や、結果を出したような時に「やっぱり実力ありますね!」みたいに言ってもらえると嬉しいかも。

す:すごい

「すごい」はまさに魔法の言葉、というか女子ならきっといつでも男性につかってそうなイメージもあります笑。
私自身はあんまりすごいって言葉は響かないけれど、キャバクラに来る男性が「褒めてほしい」という感じの話をした時には、やっぱりすごい!って使います。タイミングさえ間違えなければ、やっぱりとても嬉しいですし、モチベーションあがりますよね。

せ:絶対

「絶対○○」という言葉は、印象を強調できるのでとっても便利です。これがついていると、なんだか「やっぱりそう?」みたいな気持ちになります。そうなんだ!!って気持ちになりやすくなるかもしれません。

そ:そうですね

良い感じに同調したい時にこれが便利。私も、そうですね~って同調されると、聞いてくれてるんだな~って感じます。なんだか、気持ち的にはほっこりしたテンションで話しやすくなりますよね。

ちなみに……相づちの「あいうえお」もある

あ:ありがたい

相手にアドバイスしてもらったり、話をしてもらった時には「ありがたいです~」が結構響きます、私なんかも、ちょっと人にお話をした時に、そんな話をしてもらってありがたいですって言われると、話してよかったなって気持ちになります。

い:いえ、いえ

すっごく褒められた時に「いえいえ」って、謙遜するような感じで使いますよね。男女問わず使いやすい言葉って印象があります。でも、あんまり「いえいえ」って言われると、謙遜かな?って気持ちにもなりますね。

う:運が悪かったですね

運が悪かったですねって言われると、慰めてもらえてる気持ちがして、ちょっと救われるかもしれません。失敗しちゃった時とか、不運だった時なんかには、こういう相槌を打ってもらえると、なんだか救われます。

え:縁がありますね

縁がありますね~って言われると、これすごく不思議なんだけど、お互いの距離が近くなったような気持ちになります。だから、私も相手の人と仲良くなりたいなって時には、この言葉を使ったりします。

お:恩を感じますね

誰かによくしてもらった経験などを話してると、たまに恩を感じますねって言われるけれど、これを言われると、あーやっぱりそうだよね~って感謝の気持ちが芽生えてくるから不思議です。とても良い言葉ですよね。

SNSでもご購読できます。