キャバ嬢未経験者向け情報【まとめ】

楽しいばかりじゃない……キャバクラ体験談

キャバクラで働くのって、正直華やかな半面結構大変なこともあります。それだけのお給料をもらって働いているんだなと実感出来る瞬間でもありますが、逆に辞めちゃおうかなってふと思う事もそれなりにあったりします。そこで、今回はキャバ歴の長い先輩方の体験談を色んな方から聞いてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

キャバクラで働いたことのある先輩の体験談をチェック!【ポジティブ編】

お酒が飲めなくても実は働けるんです!

私の場合は、正直全然お酒なんか飲めないし、キャバなんてできるのかなって思ってたんだ。だから、最初はキャバクラで働こうなんて全然思わなかったし、全く興味もなかったの。でも、ある時求人にお酒が飲めない子もOKなんて書いてあったもんだから試しにどうかな~って働き始めたんだけど、本当に飲めなくても働けるからビックリ!お店が上手い感じにしてくれるから、今も安心して働けてま~す

女子力が高くなりました

これまでは全然女子力とは無縁だったワタシ。テレビみてるとキャバクラの人たちってとても綺麗ですごいなーって思って、一念発起して嬢を始めてみたんです。すると、周りのひとたちが色んなこと教えてくれて、お洋服とかヘアメイクとか、お化粧とか、全部変わって、今では結構モテるようになれたんですwこれ、キャバの良い所だと思う!

PDCAサイクルの回し方は今の職場でも役に立っています

嬢ってこう見えて結構頭使う仕事なんだよね~。だってさ、色んな客相手にうまくたちまわらなきゃだし、色々思考錯誤しなきゃいけなくて、ぶっちゃけPDCAサイクルってマジで覚えたもん。ちゃんと計画して、実行してみて~みたいなこと、ずっとやってた。で、PDCAサイクルって案外どこでも使えるんだと思ってビックリしてますw

キャバクラで働いたことのある先輩の体験談をチェック!【ネガティブ編】

常に体調が悪い……

正直、この仕事するようになってからほんっとうに体調崩しやすくなったとおもう。だってさ、終わってから帰って寝るのって、やっぱ2時とかはまわるじゃん?アフターとか行くとサイアクだし、夜に食べたり飲んだりするから生理不順にもなったし、体調面は結構気をつけとかないとダメかも。だから、最近は良いサプリがないかな~っていつも探してる感じかも。

ドレスやヘアメイク代にお金が消えていく……

キャバ嬢ってすごい稼げる!!って感じで入ったけど、実は結構し支出も多いんだよね。お店によって違うって聞くけど、私のところはドレスも自腹、ヘアメイクも自腹で、正直思ってるよりも稼ぎが少なくて、どうしよっかなーって考えちゃう。エステとか行かないと肌も荒れるしで、そういうの好きだったらいいけど、そうじゃなかったら続かないかも。

客のセクハラがうざすぎる

ぶっちゃけ、客のセクハラがヤバい。マジ卍。うざすぎ、大抵飲んでたら触ってくるし、ここはお触り系の店じゃないっつーのって、いっつも誰かに愚痴ってるかもwつーか、もしかしたら私のとこに来る客が悪いのかもしんないし、店変えよっかなーとか考え中。とりま、セクハラは多分どこでも多いから気を付けた方がいいよ。

おすすめのキャバクラ系求人サイト【まとめ】

良いキャバクラに出会う為には、それだけの情報量であったり、少しでも質の良いキャバクラ専門のサイトを利用した方がいいことは間違いありません。

かくいう私自身も、以下にご紹介したサイトの中から良いお店を選ぶことができました。そこで、今回は計5つのキャバクラ系求人サイトに関して、その内容をまとめてみましたので、ぜひご覧頂ければと思います。

おすすめのキャバクラ求人サイト① 体入ルート

https://icondolllounge.jp/

業界内でも最大級の求人数掲載があること、首都圏近郊に特化した求人のボリュームが特徴になっているのが、求人サイトである体入ルートの最大のポイントと言えるかもしれません。このサイトは、キャバ嬢未経験者の方、経験者の方のどちらも対象にしているので、色々な情報が掲載されている点も嬉しいですね。
キャバクラ求人・ナイトワーク体験入店なら体入ルート

はじめての体入マニュアルなんかも用意されていたりするので、色々とサイト内で勉強することもできちゃいます。サイト自体はそれほどゴテゴテしたような雰囲気もなく、シンプルな作りになっているので、あまりインターネットで求人を探すのに慣れていないような子でも、使いやすいかもしれません。

首都圏でキャバクラの求人を探すのなら、一度は利用してみるといいかもしれませんね。

② 体入ドットコム

言わずと知れたモンスター級に有名なキャバクラ系求人サイト。
利用者数も多く、全国のキャバクラ情報がとても手に入りやすいのは、使い手からするとポイントが高いところかもしれません。

普通のキャバクラ求人だけではなく、キャバクラなどで必要になりそうな情報などを網羅しているところも、キャバクラ初心者の女の子たちには優しいかもしれないですね。

掲載されているお店の情報は、全て体験入店することが可能というのも良い点ですね。初めてキャバクラで働くのなら、このサイトを利用してみることをお勧めします。

③ ポケパラバイト

こちらのサイトもそれなりに歴史のある老舗キャバクラ求人サイトといった感じの印象です。

特徴としては、メアド非公開で応募することが可能、お店や在籍キャバ嬢のブログをチェックできるので、実際に面接に行く前にお店の雰囲気を掴みやすいというところが特徴と言えるかもしれません。こちらは全国対応なので、どちらにお住まいでも使いやすいと思います。

④ プリキャバ

https://prikyaba.com/

プリキャバですが、こちらは神奈川・東京とエリアを大幅に限定したサイトになっています。基本的には未経験者向けのキャバ系求人と、その他にも高収入のアルバイト情報を掲載しているという感じです。プリンスグループというグループが運営しているところなので、基本的には求人情報が系列店になるのかなといった感じですが、首都圏近郊の方にはぜひお勧めしたいところですね。

⑤ ナイトワーク an

言わずと知れたアルバイト情報系サイトanのナイトワーク版。今でも求人サイトとしては比較的人気があるようで、色々な求人が掲載されているのが特徴です。

他のサイトでは見つからなかったような求人が、ここでは見つかるかもしれません。第一選択肢としてはあんまりお勧めできないかもしれませんが、色んな求人をまずはチェックしてみたいということなら、こちらのサイトもチェックしておいて損はないでしょう。

キャバクラ以外にも使える!面接時のアピールポイント【まとめ】

最近は、昔と違ってキャバクラで働きたい!と自ら手を挙げるような女性が増えているということで、以前と比較すると面接が厳しくなっている、という話をたまに耳にします。

それほど変わったのかどうかは、イマイチ私には分からないのですが、そういう方がいるということは、そんなことが多少はあるのかもしれません。

ということで、今回は面接の時にどうすれば受かるのか?というコツを、少しご紹介しておきたいと思います!

キャバクラの面接時のアピールポイント① 体入に必要なものをすべて持っていく

「やる気」をみせる方法はいくらでもありますが、大抵は口で言うしかありませんよね。

でも、そこで大切のはどのようにすれば面接官が好印象を持ってくれるのか、というところです。

そこで、まず気をつけておきたいのが体入の時点で必要なアイテムは全て忘れずに持っていくと言うことです。もし仮にあなたがキャバクラの勤務が初めてだったとしたら、必要なものは忘れてしまうかもしれません。でも、ネット全盛期の今、忘れたが通じにくいところもあるわけです。

なので、やる気を少しでも見せるために、先ほどご紹介したアイテムは全て準備して、面接に臨んで下さい!

② シフトに入りまくれるアピールをする

キャバクラは接客サービス業です。この手の業態で働く場合に一番重要視される部分は、お店のシフト管理上都合の良い人材かどうか、です。

もちろん、その他にも色々な要因がある訳ですが、個人でアピールできる部分としては、とにかくたくさんシフトに入れるとアピールするのはかなり効きます。多少悪印象があっても、まー便利だし一回入れてみるか、となったりもするものです。このアピールは忘れないように。

③ めちゃくちゃ稼ぎたいアピールをする

あと、すぐに辞めない、やる気がある、そんなところを見せるためにはどうしても稼ぎたい!というような話をするのもアリです。奨学金の返済が~など、もっともらしい理由を話して、これだったら長く働いてくれるかも、やる気あるかも、と面接官の心に訴えかけるようにしてみてください。きっと、ある程度以上のアピール効果があると思いますよ。

働くなら知っておきたい!キャバクラ体入時の持ち物【まとめ】

ナイトワーク系って、なんとなく普通の会社とかとは仕事をしていてもちょっと違うルールとか、文化みたいなものがあります。

だから、夜のお仕事をする時には夜のお仕事に沿ったルールとかを学ばないといけないわけなんだけど、キャバクラを始めた時には持ち物が独特だなと思って、驚いた記憶があります。自分で持っていかないといけないものが色々あるのって、案外知らない子も多いですよね。入ってみないとわからないので仕方ないのですが……。

そこで、今回は、まず体験入店の際に忘れちゃいけない持ち物を少しまとめてみました。
キャバクラ求人サイト経由の即日体験入店ともなると、なかなか準備する時間が取れないかもしれませんが、最低限この記事で紹介しているものは持っていくようにしましょう。

キャバクラの体入時に必要な持ち物① ポーチ

キャバの体入で必要なもの、まずはポーチです。ポーチが必要な理由は他の持ち物をみてもらえれば分かると思うのですが、要は色々なものを持ち歩く必要が出てくるのです。

テーブルを入れ替わり立ち替わりしますから、一緒にポーチを持ち運ぶ必要がわるわけですね。ポーチの選定に関しては、それほど細かいことを気にする必要はないと思いますが、ちょっとしたブランド物などで、3000~5000円前後のポーチのものがお勧めです。

② 顔写真付きの身分証明書

キャバクラで働く際には、年齢等も確認しておかなければいけないので、顔写真付きの身分証明書を提示する必要があります。大抵の場合は、体入の時にコピーなどをとられると思いますが、これがなければまず体入することはできません。たまにOKな所がありますが、むしろそういう所はブラックな可能性があるので、気を付けた方がいいでしょう。

③ ライター

お客さまのタバコに火をつけるのは嬢のお役目です。では、そのライターはどこから出てくるのかといいますと、嬢が自分で持っていくことになっているのです。

お店にライターがあるんじゃ?と思う子もいると思いますが、ライターは自分で持っていくようにしましょう。ライターに関しては、スリムでかわいいタイプのものを持つと好感度が高くなるかもしれません。

④ 手帳とボールペン

名刺の裏にメッセージを添えたり、お店で聞いた事をメモしたりと、意外に使う事が多いのが手帳とボールペンです。どちらも、安けないものを使うのは印象が悪くなるので、高いものが良いとは言いませんが、キッチリした感じのものを選んだ方がいいですね。

⑤ ハンカチ

最低でも、常に2枚は持っておいた方がいいのがハンカチです。ハンカチの用途は、お客さまのグラスについた水滴を拭くことと、ミニの時に隠すために乗せておく用途で使います。

ハンカチがないと本当に大変なので、常に忘れないように心がけておくことが大切です。これも他のアイテム同様、あまりにも安けないものは避けて、カワイイ感じのものやキレイなものを選ぶようにしておいてくださいね。

絶対失敗したくない!体入するキャバクラの選び方

キャバクラでお仕事を始める際に、絶対にやっておいた方が良いのが体験入店です。キャバクラで働いたことがない子にはピンと来ないかもしれないけれど、基本的にキャバクラってお店ごとの雰囲気の違いとか、質の違いとか、経営方針とか、ぶっちゃけかなり違います。

どんなお店で働くのかによって、多分キャバクラに対する印象もすごく変わってくると思います。そこで、今回は体験入店でどんなキャバクラを選んだらいいのか、良いお店を選ぶためのポイントをご紹介しますね。

体入するキャバクラの選び方① 在籍キャスト同士の仲が悪い店舗は避ける

体験入店した時って、お店で1日働いてみることになるので、本当に疑似体験というかそのまま体験することができます。なので、実際に働くとどんな感じなのか、それを肌で感じることができるんですが、そこで重要視してほしいのが、お店の在籍キャスト同士の仲が良いのか悪いのか、です。

ぶっちゃけてしまうと、みんな仲良くなってるのか、それともギスギスした感じでやってるのか、そこを見た方がいいです。

というのも、ギスギスした所だとキャスト同士が足をひっぱりあったり、派閥争いがあったりで、カナリ揉めやすいです。なので、基本キャストの仲が良くなさそうに見えるお店は完全にスルーした方がいいですね。経営者や店長の気が良いところは、大抵キャストも仲が良いので、指標になると思います。

② ボーイの対応が適当なお店は避ける

キャスト同士の仲も大切ですが、ボーイの教育がどんな感じになっているのかも見ておいた方が良いです。ボーイをみればお店がどんな感じで教育しているのか、運営しているのかが見えてきます。

対応が明るくてキッチリと仕事をこなすボーイばかりがいるところは、厳しい所もあるかもしれませんが教育が行き届いているということはしっかりと見ているということなので、お店がしっかりしている可能性が高いです。

③ 店舗のウェブサイトが存在しない店舗はちょっと危険

お店選びの段階で避けてほしいのですが、店舗のホームページがないお店は基本的にあまり信用できません。

というのも、いざという時に逃げられるようなお店だったりそういう所に全く手間をかけないお店は、キャストの扱いが悪かったりする可能性が高いからです。要するにブラックの可能性が高いと言うことですね。危険なお店を避けたいのなら、必ずホームページが充実しているお店を選んだ方がいいでしょう。

④ 体入する女の子が多いお店もあまり良くない

あまりにも体験入店する子が多いお店というのも、良くないですね。キャストさんの回転が早い可能性がありますし、定着率が悪いということの裏返しの可能性が高いからです。つまり、お店の質が悪いということですね。

体入を繰り返しすぎると「体入荒らし」としてブラックリストに載ってしまうので要注意

体験入店を色々なお店でしなければ、自分に合ったお店は見つからないかもしれません。

でも、だからといって体験入店を繰り返しすぎると、体入荒らしとしてブラックリスト入りする可能性があります。

その理由は、体入って待遇がいいから、そればっかり繰り返す子がいるんですよね。だから、何度でもOKと書いているようなお店以外では、同じようなエリアで体入を繰り返すのは、念のために避けた方が無難です。

どちらかというとデメリットの方が多い!キャバクラのアフターとは?

キャバクラで働いていると、店外でもお客さまとお会いしなければいけない機会が必ずやってきます。同伴が最たるものですが、同伴の場合はまだメリットもたくさんありますので、それほど苦になるようなことはないと思います。お給料にも関わってきますし、仕事だと割り切りやすい部分もありますよね。

では、同伴と一緒に語られることの多いアフターはどうでしょうか。アフターとは営業終了後にお客さんと外で会う事を指します。つまり、仕事が終わった後の時間を使うことになるのです。
そこで、今回はキャバクラにおけるアフターについて、少しご紹介しておきます。

キャバクラのアフターとは?

キャバクラのアフターとは、アフターという言葉が指す通り仕事が終わった後に、お客さんとお店の外で時間を過ごすことを言います。これに関しては、来店されていたお客さんから「今夜、アフターどう?」みたいな感じで約束をすることになると思いますが、断るも断らないももちろん自由です。

特に、あまり見知った相手じゃない場合は極力避けるようにした方がいいでしょう。最近は、デートレイプドラッグや睡眠剤を使用した問題も数多く聞きます。信頼できる相手でなければ、基本的にアフターはNGだと思っておいていいでしょう。

では、アフターに関する様々なことを、ポイント毎に分けてご紹介していきます。

アフターで行く場所

バー

アフターで行く場所の代表と言えば、バーだと思います。深夜の時間帯にどこでお話をするか、となれば一番の選択肢に挙げられるのがコレです。お店の周辺にも沢山あるでしょうし、場所選びにはあまり困らないかもしれません。ただ、アフターでバーに誘ってくる下心のある男性が大半なので、お酒のペースなどには気を付けた方がいいでしょう。また、相手の指定したお店に行く場合も、気を付けた方がいいですね。

ラーメン屋さん

仕事が終わった後の1杯は、飲みの後の〆みたいな雰囲気になるかもしれません。気取らない感じがあるので、お互いにお腹がすいているようでしたら、ラーメン屋さんは良いチョイスになると思います。気さくな感じで話しやすいでしょうし、アフターで行く場合は警戒度をそれほど高めずに済むというメリットもあります。

カラオケ

時間や体力に余裕があれば、カラオケという手もあります。あまり話をせずに済むということもありますし、大抵はその辺にお店があるので、場所選びにも手間取りません。カラオケに行く場合は、基本的にそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、店員がしっかりしていそうな所、あるいは防犯カメラなんかがちゃんとついているようなお店を選ぶとリスクを下げることができます。

アフターの誘いにのるメリット

自分にとってのメリット

基本的に、自分にとってのメリットはあまりありません。時間や体力を使いますが、何かの形で返ってくるものがないからです。ただ、よく通って下さる方のアフターに応じることは、お互いの信頼関係を一歩進める手助けになることもあります。また、逆に断り続けることで信頼関係に傷が入ることもあります。難しいところですが、相手とタイミングをみていくしかないでしょう。

お店にとってのメリット

お店にとってのメリットは特にありません。

アフターの誘いにのるデメリット

自分にとってのデメリット

メリットと比較すると、デメリットが目立つのがアフターの特徴です。時間を使う、体力を使う、帰宅時間が遅くなるので次の日に響く可能性がある、何らかの性的な被害に遭う可能性があるなど、デメリットやリスクが多いのがアフターの特徴です。なので、基本的には何か理由がなければあまり応じなくてもいいでしょう。特に、来店回数の少ないお客さま、細客に対しては、それほど応じる必要はないと思います。

お店にとってのデメリット

お店側は基本的にアフターと関係ないので、これも特にデメリットはありません。

双方にメリットあり!キャバクラの同伴とは?

キャバクラ嬢のお仕事は、皆さんもご存じの通りお店の中で行う接客だけではありません。同伴、アフター、営業連絡など、接客以外にもちょっとした仕事があるものですが、その中でも同伴に関してはしっかりと押さえておきたい所です。というのも、同伴出勤は少なくともあなたの評価やお給料には直結するお仕事だからです。

そこで、今回はキャバクラにおける同伴とはどういったシステムなのか、という点からすこしお話をしていきたいと思います。

キャバクラの同伴とは?

そもそも、キャバクラにおける同伴とはどういったものでしょうか。これは、出勤前にお客様とお店の外で会い、その後一緒にお店の事に入る行為を指します。極端に言えば、お店の前で会って、一緒に入っても同伴になるわけですが、基本的には食事、買い物に一緒に付き合う、ということが多いのではないかと思います。

同伴出勤する際は、あらかじめお店の方にも報告をしておく必要がありますし、同伴出勤することによってポイントがつくなど、評価が高まるのでできるキャバ嬢は間違いなく同伴を重視しています。

同伴の種類

では、同伴について、もう少し掘り下げていきたいのですが、その中でも同伴の種類について少しご紹介をしてみたいと思います。

食事同伴

これは、いわゆるもっともオーソドックスな同伴と言えるかもしれませんね。例えば、20時頃に出勤予定なのであれば、あらかじめ18時頃にお店の付近で待ち合わせ、そう遠くない場所で食事をするというパターンが通例ですが、もちろんお店から離れた場所(例えば人気のお店等)で食事同伴をすることもよくあります。いずれにしても、一番スタンダードな形と言えます。

買い物同伴

続いて人気なのが、買い物同伴でしょう。いわゆるショッピングに一緒に行くというものですね。どのようなところにショッピングに出かけるかは、嬢とお客さまの関係性などによって大きく異なると思いますが、よくあるパターンとしては、嬢が気になっている所にお客さまを連れていくというパターン。

あるいは、その逆にお客さまの買い物に付き合う、というケースがあります。買い物同伴の場合は、食事よりももっと早い段階で待ち合わせをすることになる可能性もあるので、その点は気をつけておいた方が良いでしょう。

スポーツ観戦同伴

同伴の種類としては、一緒にスポーツ観戦に行く同伴も人気です。人気の理由は、観戦中はトークにそれほど気を回さなくていいという点と、一緒に観戦したということで、お互いの信頼関係が前進する可能性があると言う点です。トークにはあまり自信がない子には特におすすめです。

同伴をするメリット

まずは、同伴をすることによるメリット、これを女の子、お店と、2つの視点から見ていきたいと思います。

自分にとってのメリット

そもそも女の子側が同伴をするメリットは、お店からの評価が高くなることと、歩合給に大きく関わっていて、お給料が高くなるというメリットがあります。つまりは、同伴はかかせないということですね

お店にとってのメリット

お店からすれば、同伴出勤をしてくれるということは、その日の売り上げが見込めるということですよね。そのため、積極的に同伴を推奨しているお店も少なくはありません。

同伴をするデメリット

同伴をすることによるデメリット、これを女の子、お店と、2つの視点から見ていきたいと思います。

自分にとってのデメリット

同伴をすることによるデメリットは、基本的に女の子側にはほとんどありません。強いていうなれば、仕事を始める時間が少し早くなる、ということぐらいでしょうか。いずれにしても、女の子にとってはメリットの方が極めて大きいので、気にはならないでしょう。

お店にとってのデメリット

お店側におけるデメリットは特にありません。

体入前に抑えておきたい!キャバ嬢の接客マナー

キャバ嬢としてまだ働いたことがない!という女の子には、ぜひその前に体験入店を経験してほしいと思いますが、その体験入店前に、実はおさえておいて欲しいポイントがあります。体験入店と言えば、お店から見ても、その子が実際に使い物になるかどうかを確認するところなので、少しでも事前に予備知識を盛っておきたい所です。そこで、最低限覚えておきたい接客マナーについて、少しまとめてみます。

キャバ嬢の接客マナー① 自分からドリンクを頼まない

まずこれ、初めてキャバ嬢になる子にはよくわからないマナーかもしれませんが、基本的にキャバ嬢は自分でドリンクを頼むようなことはありません。じゃあ飲みたい時はどうするの?と思われるでしょうが、それをお客さまに頼んでもらうのが、いわゆる嬢のお仕事ということです。なので、何を頼むにしても、頼んでいいかをお客さまに確認するようにしてください。でないと、ただの居酒屋みたいになってしまいます笑

② ヘルプにつくときは絶対に名刺を渡さない

他の子のヘルプにつく時は、ついやってしまいそうになるかもしれませんが名刺を絶対に渡してはいけません。というのも、基本的に既にフリーでないお客さまを他の子がとることは許されません。つまり、名刺を渡すということは、とても失礼な行為に値してしまうということですね。指名なしでフリーのお客さまに渡す分には構いませんが、これは気を付けた方がいいでしょう。

③ お客様がタバコを吸うそぶりを見せたら火をつけてあげる

よくテレビや映画のワンシーンでも流れてくると思いますが、お客様が目の前でタバコを吸う素振りをみせたら、すぐに火をつけてあげるのは嬢の大切なお仕事です。むしろ、基本中の基本になるので、お客さまがタバコを吸う用意を始めたら、すぐにでも火をつける用意をするようにしてくださいね。お客さまが待つことのないよういな、ちょうどいいタイミングを狙えるようになれればOKです。

④ 宗教や政治などの話題は軽く受け流す

意外に知らない子も多いような気がしますが、基本的に宗教と政治の話には口を出さない方が賢明です。というのも、支持している宗教や政治団体がある場合は、自分とは異なる意見をお客さまが飲み込めないというシチュエーションが発生しやすいからです。なので、もしお客さま側からこのようなジャンルの話題が振られたとしても、基本的にはぐらかしたり軽く受け流すようにした方が良いです。そういう話題には疎くて~だとか、全然知らないんです~と言う感じでも構いません。聞き流す癖をしっかりとつけておくようにしましょう。

⑤ グラスに水滴がついていたらおしぼりでふき取る

これもどこかで見たことのある光景かもしれませんね。お客さまの飲まれているグラスに少しでも水滴がついていたら、それはちゃんとおしぼりで綺麗にふきとってあげてください。タバコの火と同様、グラスの水滴はキャバクラで働く上で基本中の基本とも言える動作です。慣れない内はもたついたりしても全然構いませんので、忘れたりするようなことがないよう、注意しておきたいところです。お客さまに気持ち良く飲んでもらうためにも、しっかりと意識をするようにしてくださいね。

表裏一体!キャバ嬢になるメリット&デメリット

キャバ嬢目指している子って、きっと色んなメリットがキラキラと光っているのが見えているから、多分なりたくなるんじゃないかと思います。素敵な場所に立って、沢山の男性からもモテますし、何よりも高収入が得られたり、自分の想い通りにある程度働くことができるというところも、多分魅力の1つとして映っているんだと思います。

かくいう私もそういった部分に釣られてこの業界に入った、という理由もあるのであまり人のことは言えないのですが、今回はそんな女性の憧れ職業にもなっているキャバ嬢に関して、実際のメリットやデメリットはどんなものか、というお話をしていきたいと思います。

キャバ嬢として働くメリット

では、先ずキャバ嬢として働くメリットから色々と紹介をしていきたいのですが、いいでしょうか。今回は、大きく3点にわけてみました。

自分のペースで働くことができる

まず、一番大きいのはこれかもしれませんね。キャバ嬢のお仕事って、実際働いてみると大変なことも相当あるんですが、それでもやっぱり自分の思う通りに、自分のペースでお仕事ができるっていうのはとってもありがたいことだなと思いました。実際、毎日朝に出勤して、夕方になったら帰って、というのを週5で頑張るのって、みんな普通にやっているけれど結構キツイですよね。最近、海外では日本人は過労死するほど過酷なところで働いてオカシイとまで言われてたりもするのですが、私も同意見です。

高収入

これ目当ての方がやっぱり多いですよね。実際には、それだけの働きをしないといけないので、思っているように稼ぐためには才能だったり努力が必要になるのですが、それでも時間給はとても高いですし、やっぱり普通の仕事と比べると実入りが良いとは思います。

頑張りが給料に反映されやすい

これは嬉しい点です。普通の会社だとある程度営業で成績とか残しても、ほとんど反映されることはありません。でも、キャバクラだと稼いだ分だけお給料に反映されるので、むしろ大きなやりがいを感じる事ができるんです。

キャバ嬢として働くデメリット

では、続いてキャバ嬢として働いた時のデメリットも一緒にお伝えしておきますね。メリットだけに目を奪われず、デメリットもしっかりと考えた上で、やるかやらないかを考えて下さいね。

昼夜が逆転して不規則な生活になりやすい

なんとなく時間間隔がずれてくるのは、多分皆さんそうだと思います。実際、お店で0時までは働きますし、その後にアフターに行くこともある仕事なので、どうしても全体的に夜更かし傾向が強くなります。なので、学生さんなんかには特に気をつけてほしいところですね。

プライベートの時間が減る

プライベートの時間も減ります。これは、プライベートな時間を使って同伴をしたり、アフターにつきあったり、営業連絡をしなければいけないからです。その他にもヘアメイクだったり、仕事に関するところで、意外に時間を使う事が多いのも特徴ですね。

罰金制度のある店舗が多い

最後にコレ。遅刻や突然の欠勤、ノルマ未クリアなどを理由に罰金を課すお店が意外と多いです。その他にも、お店によっては独自のルールがあったりするので、あんまりルーズだとお給料よりも罰金が多くて~みたいなことにもなりかねません。これは、本当に気をつけておきたいポイントです。