会話が途切れる人必見!無理なく会話を続けるテクニック【まとめ】

会話がどうしてもうまく弾まなくて、指名になかなか繋がらないんだよね~と嘆く初心者キャバ嬢の子って相当多いみたいですよね。

指名を増やそうと思えば、お客さまに楽しんでもらうのが一番ですが、やっぱりその糸口になるのはお互いの会話のキャッチボールのスムーズさ、なんじゃないかと思います。

もちろん、話が盛り上がらなくても、面白くなくても指名をとれるような子もいますが、それは大抵ほんの一握りの子だけで、大抵はそれなりに会話があってこそ、良い関係が築けるんじゃないかと思います。

そこで、今回は無理のないように上手に会話を続けられるテクニック、そんなものをまとめてご紹介したいと思います。

会話が途切れる人は相手の答えから質問を作るべし!

まず、意識してほしいことがあります。多分、会話が途切れがちな人って、基本的なスタンスが受け身になっているんじゃないでしょうか。相手から話してくれることを期待している人、相手に楽しませてもらおうと思っている人、単純に話すのが苦手な人、こんな人たちには少し意識を変えてほしいのです。

というのも、やっぱり自分から色々と話をふれるようにならないと、キャバ嬢でお仕事をしていくのはとても難しいと思います。お話をすること、聞くこと、お互いに良い場所を作り上げることがキャバ嬢のメインの仕事なわけですから、うまくその場を作れなければ、それは仕事をしていることにはならないのかもしれません。

ちょっと厳しいことを言いましたが、そこで皆さんにこれからやってみてほしいことがあります。それが、相手の話した内容や答えから、うまく質問を創り出してみるということです。

質問上手になれば、自ずと会話は広がっていくもの、自分からネタを提供するのが苦手なのであれば、相手に楽しく話してもらえるように、キッカケを作ってあげられるようになったらいいんです。

ただ相槌をうんうんするだけじゃなくて、「じゃあ○○ってどうなんですか~?」「でもでも、○○っていう感じで想うんですけど、どうですか~?」みたいに、相槌を打ったりする中で、質問のバトンを常に相手に渡してあげる、これを練習すれば、それだけで会話がどんどん続くようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

会話をするとき私たちは何を考えているのか?

会話をするとき、皆さんはどんなことを考えていますか?

何も考えずに、適当に相槌を打っていたりすると、話の流れが読めず、良い相槌をうったり、質問をすることができないと思います。

そこで大切なのが、相手の話の意図をくみ取りながら聞くと言う事。こちらにどんな印象を与えたくて話をしているのか、を意識しながら会話をする癖をつければ、相手の欲しい球をこちらが返せるようになります。

キャバクラに来る男性の大半は、自分の欲しいボールを投げてくれる女の子を探しているので、会話だけに集中するのではなく、会話の中から相手の欲しがっているものを探すことに集中するといいかもしれません。

会話が途切れる主な原因

相手の言葉にうまく返答できない

相手の言葉にうまく返答できない、というのは致命的な原因の一つです。これに関しては、どうして自分が上手に返答的ないのか、少し分析してみた方がいいかもしれませんね。うまく言おうとする癖があるのなら、その癖を取っ払ってみて、適当に返してみる、を繰り返すのも効果的かもしれません。

逆に自分がしゃべりすぎてしまい質問攻めになっている

質問責めになっていて、会話が変な感じになるパターンがあります。この場合は、自分ばかり質問していることに気付くことが一番大切です。あとは、相手が話したい事を引き出してあげる、という姿勢が大切なので、質問ばかりせず、どういう話なら相手が自分から話したくなるのか、その点を見極めるようにしてみてください。

そもそも話すことが思いつかない

これに関しては、色んなネタを集めてみるのがいいかもしれません。相手に興味をもってみる、あるいは鉄板ネタと呼ばれるものや、時事ネタをたくさん頭の中に入れておけば、意外と会話の間が持つと思います。

会話を途切れさせないテクニック

主導権を相手に渡す=聞き上手になる

まず、会話を切らないようにするには、基本的に聞き上手を目指すのが王道です。自分からどんどん話すのには限界があります。だって、1日中話すことを毎日続けてたら身が持たないですよね。芸人じゃないわけですし、キャバ嬢だったら「相手に気持ち良く過ごしてもらう」ことが一番大切です。

だったら、どうすれば相手が楽しく話してくれるのかを意識するのがいいでしょう。好きな話題を掘り当ててあげて、自分の好きな話のできる場を作ってあげるのがベストな方法だと思いますよ。

自分から情報を提示して話題を広げてあげる

聞き上手になるためには、自分からそのキッカケを作ってあげることが大切です。相手が自分から話すのを待つのではなくて、色んな種類の違うボールを投げてみて、相手の反応をみることを最初は試して見て下さい。

どんな方向性の話題が好きか、どういうテンションが好きか、観察を続けながら好きそうな話題の傾向を探っていけば、必ず相手の好みが見えてきます。それさえつかめれば、あとは話題提供も簡単になってくると思います。

相手が話すための間を作ってあげる

会話にはテンポがありますが、そのテンポは人によって結構違います。

Aさんのリズム、Bさんのリズムは違うので、相手に合わせてその感じを作ってあげることが大切です。相手が話しやすいリズムを意識しながら、トークを展開するようにしてみてください。間違っても、自分ばかり話すことがないようにしてくださいね。

SNSでもご購読できます。